KBCシネマ

近日公開作品

金子文子と朴烈PG12

2017|韓国|Anarchist from the Colony|129分

  • 監督:イ・ジュンイク
  • 出演:イ・ジェフン、チェ・ヒソ、キム・インウ、他
大正時代の日本に実在した無政府主義者・朴烈と日本人女性・金子文子の愛と闘いを、「王の男」「ソウォン 願い」のイ・ジュニク監督、「高地戦」「建築学概論」のイ・ジェフン主演で描いた韓国映画。1923年の東京。朴烈と金子文子は、運命的とも言える出会いを果たし、唯一無二の同志、そして恋人として共に生きていくことを決める。しかし、関東大震災の被災による人びとの不安を鎮めるため、政府は朝鮮人や社会主義者らの身柄を無差別に拘束。朴烈、文子たちも獄中へ送り込まれてしまう。社会を変えるため、そして自分たちの誇りのために獄中で闘う事を決意した2人の思いは、日本、そして韓国まで多くの支持者を獲得し、日本の内閣を混乱に陥れた。そして2人は歴史的な裁判に身を投じていく。ジェフンが朴烈役を、「空と風と星の詩人 尹東柱(ユン・ドンジュ)の生涯」のチェ・ヒソが金子文子役を演じる。

公式HP

この作品の上映スケジュール

3月23日(土)

    • 14:05〜16:20
    • 20:30〜22:45

3月24日(日)

    • 8:55〜11:10

      太陽

    • 16:00〜18:15

3月25日(月)

    • 14:15〜16:30
    • 20:10〜22:25

3月26日(火)

    • 13:35〜15:50
    • 18:20〜20:35

3月27日(水)

    • 14:00〜16:15
    • 20:20〜22:35

3月28日(木)

    • 9:25〜11:40

      太陽

    • 13:35〜15:50

3月29日(金)

    • 13:55〜16:10
    • 18:55〜21:10

KBCシネマの上映スケジュール

THEATER INFORMATION 詳細はこちら

劇場所在地

KBCシネマ1・2

  • 〒810‐0071 福岡市中央区那の津1‐3‐21
  • TEL.092-751-4268
  • FAX.092-712-8229
  • ※12/31及び1/1は休館いたします。
  • ※開館時間はスケジュールにより異なります。
  • ※開館からレイトショー上映開始まで、スタッフが電話対応致します。劇場の受付が混雑している際は、お電話が自動音声案内に切り替わる場合がございます。何卒ご了承くださいませ。
アクセス情報
  • 西鉄バス「那の津口(ボートレース福岡入口)」徒歩 約2分
  • 市営地下鉄「天神」徒歩 約10分
  • 西鉄大牟田線「福岡(天神)」徒歩 約15分
  • イオンショッパーズ福岡店 徒歩 約5分
googlemap
料金
対象(※特別興行、一部作品を除く) 料金
一般(大人) ¥1,800
中高大学生(要証明) ¥1,500
小人(3歳以上) ¥1,100
シニア(60歳以上) ¥1,100
障がい者手帳ご提示の方(本人および介助者1名まで) ¥1,100
夫婦50割引(要年齢証明)
※どちらかが50歳以上の場合、ご夫婦で2,200円でご鑑賞いただけます。
¥2,200
朝活割引(朝8~9時台の上映回) ¥1,100
レイトショー(20時以降の上映回) ¥1,200
映画の日(毎月1日) ¥1,100
レディースデイ(毎週水曜日、女性限定) ¥1,100
イイ映画の日(毎月11日) ¥1,100
ふたりデイ(毎月22日)※お二人様で2,200円でご鑑賞いただけます。 ¥2,200

※チケットのご購入にはクレジットカード(VISA、MasterCard)をご利用いただけます。お支払回数は1回のみとなります、ご了承ください。

その他、パーキング・割引などの劇場情報詳細はこちら