KBCシネマ

近日公開作品

2023年夏公開予定

メーサーロシュ・マールタ監督特集上映

|ハンガリー

  • 監督:メーサーロシュ・マールタ

公式HP

ハンガリーが誇る映画監督の一人であり、女性として初めてベルリン国際映画祭金熊賞に輝いた、メーサーロシュ・マールタ。
女性作家のパイオニアでありながら、今まで日本で劇場公開されることのなかった、彼女の作品群がレストアで蘇り、日本初上陸。

『ドント・クライ プリティ・ガールズ!』1970年/85分
ビート・ミュージックのファンである若者たちは、うだつの上がらない日々を工場で労働に費やしている。ユリは不良青年のうちのひとりと婚約しているのだが、とあるミュージシャンと恋に落ちてしまう…。

『アダプション/ある母と娘の記録』1975年/87分/PG12
43歳のカタは工場勤務の未亡人。彼女は既婚者と不倫関係にある。
カタは子供が欲しいのだが、愛人は一向に聞き入れない。とある日カタは、寄宿学校で生活するアンナと出会い、彼女の面倒を見ることにした。

『ナイン・マンス』1976年/90分/R15+
ユリは工場勤務の傍ら、農学を学んでいる。工場の上司は彼女と恋に落ちる。
ユリは彼に誠実な関係を望むいっぽう、前のパートナーとの間に子どもがいる事実を隠している。
やがて彼女の秘密は明らかになるのだが、上司は子どもの存在を受け入れるだけの心の準備が出来ておらず…。

『マリとユリ』1977年/92分
マリの夫は偏狭な男で、ユリの夫はアルコールに依存している。彼女たちはつらい夫婦生活を乗り越え、慰めを求めあう。
互いの葛藤を知ったふたりは、それぞれの人生を歩むべく、ある決断をする。

『ふたりの女、ひとつの宿命』1980年/109分
1936年。ユダヤ人のイレーンは、裕福な友人・スィルヴィアからある相談を持ち掛けられる。
スィルヴィアは不妊に悩んでおり、イレーンに自身の夫との間で子どもをつくってほしいと言う。
そうして生まれた子どもに莫大な財産の相続が約束されたのだが、彼らの関係は悪化の一途をたどる。

THEATER INFORMATION 詳細はこちら

劇場所在地

KBCシネマ1・2

  • 〒810‐0071 福岡市中央区那の津1‐3‐21
  • TEL.092-751-4268
  • FAX.092-712-8229
  • ※12/31及び1/1は休館いたします。
  • ※開館時間はスケジュールにより異なります。
  • ※開館からレイトショー上映開始まで、スタッフが電話対応致します。劇場の受付が混雑している際は、お電話が自動音声案内に切り替わる場合がございます。何卒ご了承くださいませ。
アクセス情報
  • 西鉄バス「那の津口(ボートレース福岡入口)」徒歩 約2分
  • 市営地下鉄「天神」徒歩 約10分
  • 西鉄大牟田線「福岡(天神)」徒歩 約15分
  • イオンショッパーズ福岡店 徒歩 約5分
googlemap
料金
対象(※特別興行、一部作品を除く) 料金
一般(大人) ¥1,900
大学・高校生(要学生証) ¥1,200
中・小学生(中学は要学生証) ¥1,000
幼児(3~6歳) ¥1,000
シニア(60歳以上・要年齢証明) ¥1,200
障がい者手帳ご提示の方(本人および介助者1名まで) ¥1,100
夫婦50割引(要年齢証明)
※どちらかが50歳以上の場合、ご夫婦で2,400円でご鑑賞いただけます。
¥2,400
レイトショー(20時以降の上映回) ¥1,300
KBCシネマ会員サービスデー(毎週火・木曜日、会員限定) ¥1,100
レディースデイ(毎週水曜日、女性限定) ¥1,200
映画の日(毎月1日) ¥1,200
イイ映画の日(毎月11日) ¥1,200
ふたりデイ(毎月22日)※お二人様で2,400円でご鑑賞いただけます。 ¥1,200

※チケットのご購入にはクレジットカード(VISA、MasterCard)をご利用いただけます。

その他、パーキング・割引などの劇場情報詳細はこちら