KBCシネマ

上映中作品

8月25日(木)にて上映終了

大暴走・野蛮地獄

あまりに無残な人間の所業に顔が歪む、野蛮な特集上映が、たったいま、決まった。
言葉が出ない!上を向けない!底知れぬ狂気を秘め、漆黒の闇が劇場を覆う!

『サイコマニア』(1972年製作/90分/イギリス)
〈リビング・デッド〉と名乗る暴走族のリーダーは彼女を乗せ大暴走する。
黒魔術にハマる母親から生き返りの魔術の話を聞き、自らバイクで事故死した。
凄まじいバイクの爆音とともに墓から飛び出した彼は本当の生ける屍と化し、その素晴らしさに感化された仲間たちは次々と自殺する。

『荒野の千鳥足』(1971年製作/109分/オーストラリア・アメリカ合作)(R15+)
辺境の小学校に単身赴任中の教師は、クリスマス休暇で恋人の待つシドニーへ帰る途中、とある田舎町に一泊する。
しかし住民たちからの凄まじいおもてなしによるビール痛飲、ウェルダンな巨大ステーキ…そのまま街から抜け出せなくなる。
注がれ続けるドラフトビール、床を埋め尽くす空き缶、自制心をなくすとせっかくのビールがデンジャー・ドリンクと化す。

『アングスト/不安』(1983年製作/87分/オーストリア)(R15+)
1980年1月、殺人鬼ヴェルナー・クニーセクが起こしたオーストリアでの一家惨殺事件。
10数年の刑期を終えて予定されていた出所の一ヵ月前、就職先を探すために3日間のみ外出を許された際の凶行だった。

『アメリカン・サイコ』(2000年製作/102分/アメリカ)(R15+)
1980年代のニューヨーク、20代にして、富も、地位もすべて手に入れた男、パトリック・ベイトマン。
世界を手にした彼がたどりついたのは、底なしの虚無感と深い闇の世界。永遠に満たされない心を埋めるために、彼は若く、美しい女性を次々に殺していく…。

『変態村』(2004年製作/94分/ベルギー・フランス・ルクセンブルク合作)
ハンサムで誰からも好かれる歌手のマルクは、老人ホームでのクリスマス・ライブを終え、次の目的地である南仏へ移動中車のトラブルで辺鄙な山間の村に迷い込む。そんな彼を初老男バルテルが助けるが、彼の警告を無視して、マルクは禁断の村に足を踏み入れてしまう…。

『マッドボンバー』(1973年製作/91分/アメリカ)
爆弾男社会を逆うらみ、ダイナマイトで挑戦―。
現代が生んだ病魔か、白昼のロス、学校・病院・ホテル”連続爆破”。登校の女学生即死、会合中の婦人団体血まみれ、犯人は爆弾抱いて繁華街へ逃げ込む…。

『チャーリー・セズ/マンソンの女たち』(2018年製作/110分/アメリカ)(R15+)
1969年8月9日未明、鬼才ロマン・ポランスキー監督の夫人であり女優のシャロン・テートがハリウッドの自宅の居間で友人4人とともに惨殺された。
実際に起こった、マンソン・ファミリーによる無差別連続殺人の実行犯である3人が、いかにしてチャールズ・マンソンと出会い、洗脳と狂信の果ての殺人、そして逮捕、収監されるという負のスパイラルに堕ちていったかを描く。

『ハンガリー連続殺人鬼』(2016年製作/121分/ハンガリー)
1957年~67年にかけてハンガリーを震撼させた連続殺人事件、実話の映画化。
田舎街マルトフで屍姦の痕の残る女性の死体が発見され、ただちに容疑者は逮捕されるも、7年後に同じ街で同様の連続殺人が始まる。

『サンフランシスコ連続殺人鬼』(1969年製作/87分/アメリカ)
1960年代から70年代にかけてサンフランシスコ周辺を震撼させ、映画『ダーティハリー』のモデルともなった連続殺人鬼、通称ゾディアック・キラー。
いまだ未解決のこの事件真っ只中に、新聞社に脅迫文や声明文を送りつけるなど自己顕示欲の強い犯人を炙り出す目的で緊急製作された超低予算Z級映画。

8月15日(月)

    • 20:15~22:16
      『ハンガリー連続殺人鬼』

8月16日(火)シネマ会員デイ

    • 20:05~21:35
      『サイコマニア』

8月17日(水)レディースデイ

    • 21:10~22:37
      『アングスト/不安』

8月18日(木)シネマ会員デイ

    • 21:05~22:36
      『変態村』

KBCシネマの上映スケジュール

THEATER INFORMATION 詳細はこちら

劇場所在地

KBCシネマ1・2

  • 〒810‐0071 福岡市中央区那の津1‐3‐21
  • TEL.092-751-4268
  • FAX.092-712-8229
  • ※12/31及び1/1は休館いたします。
  • ※開館時間はスケジュールにより異なります。
  • ※開館からレイトショー上映開始まで、スタッフが電話対応致します。劇場の受付が混雑している際は、お電話が自動音声案内に切り替わる場合がございます。何卒ご了承くださいませ。
アクセス情報
  • 西鉄バス「那の津口(ボートレース福岡入口)」徒歩 約2分
  • 市営地下鉄「天神」徒歩 約10分
  • 西鉄大牟田線「福岡(天神)」徒歩 約15分
  • イオンショッパーズ福岡店 徒歩 約5分
googlemap
料金
対象(※特別興行、一部作品を除く) 料金
一般(大人) ¥1,900
大学・高校生(要学生証) ¥1,200
中・小学生(中学は要学生証) ¥1,000
幼児(3~6歳) ¥1,000
シニア(60歳以上・要年齢証明) ¥1,200
障がい者手帳ご提示の方(本人および介助者1名まで) ¥1,100
夫婦50割引(要年齢証明)
※どちらかが50歳以上の場合、ご夫婦で2,400円でご鑑賞いただけます。
¥2,400
レイトショー(20時以降の上映回) ¥1,300
KBCシネマ会員サービスデー(毎週火・木曜日、会員限定) ¥1,100
レディースデイ(毎週水曜日、女性限定) ¥1,200
映画の日(毎月1日) ¥1,200
イイ映画の日(毎月11日) ¥1,200
ふたりデイ(毎月22日)※お二人様で2,400円でご鑑賞いただけます。 ¥1,200

※チケットのご購入にはクレジットカード(VISA、MasterCard)をご利用いただけます。

その他、パーキング・割引などの劇場情報詳細はこちら