KBCシネマ

コラム

鑑賞記 シネマスタッフの鑑賞記 第十回「エンドロールのつづき」※ネタバレあり

幼い頃にあった筈のプリミティブな愛好や憧れがとても素直に表現されているキュートでどこか懐かしい匂いのする作品でした。


人が大人になるにつれて失っていく、「とにかく好きな物の近くにいたい!」「その存在に迫りたい!」というような衝動性、そしてそれに身を委ねられる真っ直ぐで奔放な行動力。

その二つを全編に渡って炸裂させているサマイの姿には、かつて自分の中にもあった輝きを見て
いるようでとても眩しく、愛おしい思いに満たされました。


友達と協力してバイクに乗っているシーンのようなごっこ遊びをする様はキュートさが爆発していて悶絶モノの微笑ましさでしたし、マッチの空き箱の絵を使ってストーリーを組み立てるシーンには似た遊びから始まった自分の創作の原体験が思い起こされてなんだか妙に懐かしい気分に。


思い返すと、幼い頃はお金や物が手に入らない代わりに想像力を駆使して世界を無限に拡張出来ていたように思えます。


理屈やプロセスなどはすっ飛ばして、際限なく飛躍する軽々としたイマジネーション。


知識や常識、かくあるべきという理想が蓄積されていく内に少しづつ失っていった自由の眩さが廃墟に作られた粗雑で小さなシアターには満ち満ちていて、画質も悪ければ音も無い、足らぬを数えたらキリが無さそうな環境の中で達成の歓声をあげる子供達の純真さが、半端に大人になった自分にはひどく羨ましく思うのでした・・・。

本作は原題「Last Film Show」とあるように、映画館がフィルム映写から現在のデジタルシネマに移行していくちょうど狭間の時代のお話でもあります。


世界的にデジタルシネマへの移行期は2005~6年ごろなので劇中9歳のサマイは現代なら20台後半という事になります。私も現在27歳なので、サマイとはほぼ同世代。


そんな彼の幼年期の終わりと、フィルム時代の終焉が呼応して行く終盤の展開は画面を飛び出して私自身の人生とも呼応するようでとても味わい深いものがありました。


私が映画好きを自称するようになってからもう随分と経ちますが、その始まりには母の存在があります。
劇中のお父さんのように、私の母もよく手が出る人で機嫌の悪い日などは随分怯えて暮らしたものですが、そんな母がご機嫌な日に連れて行ってくれる娯楽が映画でした。


とはいえ、母が選ぶ映画はいつも、母が見たい映画で私や兄弟を連れていくのはついでという感は否めませんでしたが、「ロード・オブ・ザ・リング」や「スパイダーマン」、「ハリーポッター」、「パイレーツ・オブ・カリビアン」など洋画贔屓&完全字幕派だった母のお陰で幼い頃から当たり前のように字幕で洋画を観る素養が備わったのでその点には非常に感謝をしています。


育つ間に幾度も衝突し、今も微妙な間柄の母のことを思い出しながら観た本作は、懐かしく愛おしいながらも、どこか切ない余韻のようなものも感じました。


最後に母と映画館に行ったのは、「コンスタンティン」だったなぁ。初めて映画館でアルバイトを始めた時、薄暗い映写室にとってもワクワクしたなぁ。


などと自分の映画好き人生を振り返る、ちょっと感情の忙しい映画体験でした。

THEATER INFORMATION 詳細はこちら

劇場所在地

KBCシネマ1・2

  • 〒810‐0071 福岡市中央区那の津1‐3‐21
  • TEL.092-751-4268
  • FAX.092-712-8229
  • ※12/31及び1/1は休館いたします。
  • ※開館時間はスケジュールにより異なります。
  • ※開館からレイトショー上映開始まで、スタッフが電話対応致します。劇場の受付が混雑している際は、お電話が自動音声案内に切り替わる場合がございます。何卒ご了承くださいませ。
アクセス情報
  • 西鉄バス「那の津口(ボートレース福岡入口)」徒歩 約2分
  • 市営地下鉄「天神」徒歩 約10分
  • 西鉄大牟田線「福岡(天神)」徒歩 約15分
  • イオンショッパーズ福岡店 徒歩 約5分
googlemap
料金
対象(※特別興行、一部作品を除く) 料金
一般(大人) ¥1,900
大学・高校生(要学生証) ¥1,200
中・小学生(中学は要学生証) ¥1,000
幼児(3~6歳) ¥1,000
シニア(60歳以上・要年齢証明) ¥1,200
障がい者手帳ご提示の方(本人および介助者1名まで) ¥1,100
夫婦50割引(要年齢証明)
※どちらかが50歳以上の場合、ご夫婦で2,400円でご鑑賞いただけます。
¥2,400
レイトショー(20時以降の上映回) ¥1,300
KBCシネマ会員サービスデー(毎週火・木曜日、会員限定) ¥1,100
レディースデイ(毎週水曜日、女性限定) ¥1,200
映画の日(毎月1日) ¥1,200
イイ映画の日(毎月11日) ¥1,200
ふたりデイ(毎月22日)※お二人様で2,400円でご鑑賞いただけます。 ¥1,200

※チケットのご購入にはクレジットカード(VISA、MasterCard)をご利用いただけます。

その他、パーキング・割引などの劇場情報詳細はこちら