ダンガル
きっと、強くなる

5/4(金)迄

KBCビル1F
喫茶Latte
お得な情報
★半券サービス★
詳細はコチラ





KBCパーキング

鑑賞マナー

「劇場からのお願い」
劇場からのお願い

お客様へお知らせ
各回入替制、
自由席とさせて
いただきます。
ご了承下さい。


【新企画”One Shot Cinema2018年よりスタート!】
上映できていなかったあの映画、この映画を週替わりでセレクトし、

毎週火曜日夜19時より、1日1回限定上映!

4月のラインナップはこちら!
5月のラインナップはこちら!
6月のラインナップはこちら!
7月のラインナップはこちら!
皆様のお越しを心よりお待ちしております!

       
 

★新着情報★

【朝活割引実施決定!】

朝8時~9時台スタートの映画に
お越しのお客様は、
“朝活割引”として作品問わず皆様1100円
ご鑑賞いただけます!

早起きでオトク!ぜひ朝活に映画を!


【天神地下街で使える
てんちかカードとタイアップ決定!】


映画鑑賞時に、てんちかカードをご提示で
いつでも前売り料金でご鑑賞いただけます!

また、映画のチケット(半券)とてんちかカードを
天神地下街の対象6店舗でご提示いただくと
以下のサービス
が受けられます!
詳細はこちら


※映画のチケットは当日のみ有効です。



4/27(金)公開 「君の名前で僕を呼んで」

本年度アカデミー賞 脚色賞受賞!!

17歳と24歳の青年の
生涯忘れられない恋の痛みと歓びを描くラブストーリー。


1983年夏、北イタリアの避暑地。17歳のエリオは、アメリカからやって来た24歳の大学院生オリヴァーと出会う。彼は大学教授の父の助手で、夏の間をエリオたち家族と暮らす。はじめは自信に満ちたオリヴァーの態度に反発を感じるエリオだったが、まるで不思議な磁石があるように、ふたりは引きつけあったり反発したり、いつしか近づいていく。やがて激しく恋に落ちるふたり。しかし夏の終わりとともにオリヴァーが去る日が近づく……。

<吹替版上映決定!>
字幕版での上映に加え、吹替版も上映致します。

[吹替キャスト]
エリオ(ティモシー・シャラメ)  入野自由
オリヴァー(アーミー・ハマー) 津田健次郎


※上映スケジュールはタイムテーブルをご確認ください。


絶賛上映中!! 「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男

本年度アカデミー賞主演男優賞(ゲイリー・オールドマン)
メイクアップ&ヘアスタイリング賞(辻一弘氏)受賞!!


伝説のリーダー、真実の物語―
1940年、第二次世界大戦下のイギリス。絶対絶命の危機で首相に就いたのは、世界一の嫌われ者だった。

第2次世界大戦初期、ナチスドイツによって フランスが陥落寸前にまで追い込まれ、イギリスにも侵略の脅威が迫っていた。連合軍が北フランスの港町ダンケルクの 浜辺で窮地に陥る中、就任したばかりの英国首相ウィンストン・チャーチルの手にヨーロッパ中の運命が委ねられることに。 ヒトラーとの和平交渉か徹底抗戦か、究極の選択を迫られるチャーチルだったが……。


4/28(土)公開 「女は二度決断する」

第70回カンヌ国際映画祭
主演女優賞受賞!


突然、最愛の家族を奪われた女。
絶望の中、彼女がくだす決断とは―――


ドイツ、ハンブルク。トルコ系移民のヌーリと結婚し、息子ロッコを授かったカティヤは、幸せな家庭を築いていた。 ある日、ヌーリの事務所の前で白昼に爆弾が爆発し、ヌーリとロッコが犠牲になる。外国人同士の抗争を警察は疑うが、ドイツ人による人種差別テロであることが判明。 身をえぐられるような裁判に、カティアの心の傷は深まってゆく。ささやかな幸せが欲しかっただけ。そんな中、起きた悲劇に、生きる気力を失いそうになりながら、 カティアがくだす決断とは―。



4/28(土)公開 「ザ・スクエア 思いやりの聖域」

第70回カンヌ国際映画祭
最高賞パルムドール受賞!


美術館を舞台に〈毒とユーモア〉で人間の本質に迫る、
傑作社会派エンターテイメント!


「フレンチアルプスで起きたこと」で注目された スェーデンのリューベン・オストルンド監督最新作! 順風満帆なキャリアを積む現代美術館キュレーターのクリスティアン。 彼は次の展覧会で「ザ・スクエア」という地面に正方形を描いた 作品を展示すると発表する。その中では「すべての人が平等の権利を持ち、 公平に扱われる」という「思いやりの聖域」をテーマにした参加型アートで、 現代社会に蔓延るエゴイズムや貧富格差に一石を投じる狙いがあったが…

5/26(土)公開 「ファントム・スレッド」

本年度アカデミー賞
衣装デザイン賞(マーク・ブリッジス氏)受賞!!


1950年代、ロンドン。
天才的な仕立て屋のミューズとなった、若きウェイトレス。
運命の糸が紡ぎ出す、オートクチュールな愛のかたち。

1950年代のロンドンで活躍するオートクチュールの仕立て屋レイノルズ・ウッドコックは、英国ファッション界の中心的存在として社交界から脚光を浴びていた。 ウェイトレスのアルマとの運命的な出会いを果たしたレイノルズは、アルマをミューズとしてファッションの世界へと迎え入れる。しかし、アルマの存在がレイノ ルズの整然とした完璧な日常が変化をもたらしていく…